皆さんはfxと聞いてどんなイメージを持ちますか?外国の通貨が絡むと途端に難しく感じますが、仕組みを理解すれば難しいことはありません。

仮想通貨ってなに?どうやって儲かるの?

仮想通貨というのは、ブロックチェーンという技術が用いられたインターネット上のみに存在する仮想の通貨のことです。
インターネット上にのみ存在しているお金という意味では、電子マネーと似ている部分もあります。
電子マネーと大きく異なるのは、発行元の組織が存在していないということです。

電子マネーの場合には企業が発行をしていますので、その企業が倒産をすれば使えなくなるでしょう。
逆に言えば、その企業が存在している限りは価値が保証されていると言えます。
ビットコインなどの仮想通貨には発行元の組織が存在しないので、非常に不安定であると考えられてきました。
信用によって価値が決まると言ってよいでしょう。

しかし、ビットコインはその利便性から近年注目をあびています。
日本では仮想通貨に関係する法律ができたことから、安全性が増しています。
2017年に入ってビットコインの価値は大きく上昇しました。

2017年5月にVALUEというサービスが登場しましたが、VALUEを始めるためにはビットコインが必要になります。
VALUEは個人の価値をトレードすることができるサービスであり、有名人も多数登録しています。
今後注目されるサービスであり、価値のトレードのためにビットコインが使われることから、ビットコインの価値にも影響を与えそうです。

ビットコインは「お金」としての機能が優れています。
ビットコインを「お金」として考えると、どうやって儲かるのか疑問であると感じるかもしれません。
ビットコインで儲かる仕組みをイメージするためには、fxが役に立ちます。

fxでも、お金をトレードしながら利益を出します。
現実の通貨も価値が一定というわけではなく、国が発行しているものですので、国の財政や経済の状況などによって変動をします。
ビットコインの場合には、まだ価値が安定していませんので、大きく変動をしています。
現実の通貨と比べて変動幅が大きいために、莫大な利益を出せる可能性もあります。

fxとは違うビットコインのメリット・デメリット

fxと比べたとき、ビットコインのメリットには将来性があるということになるでしょう。
fxでは現実の通貨のトレードをします。
現実の通貨はある程度安定しており、すでに価値が認められたものです。
それに対して、ビットコインはまだ価値が不安定です。
例えば、過去に中国で規制が入ったときには大暴落を起こしています。

ビットコインの価値が不安定であるということは、将来的に価値がなくなってしまう可能性もあるのでデメリットでもあります。
その半面で、人々の信用を得て価値を上昇させる可能性もあるので、ただ持っているだけでも資金を大きく増やせるかもしれません。
メリットとデメリットのどちらが大きくなるかということは、結果が出てみないと誰にも分からない問題となるでしょう。

ビットコインの儲け方としては、現物を購入して長期間保有を続けるということになります。
しかし実は、トレードを繰り返しながら利益を出すという儲け方もあります。
取引所でビットコインの価値が低いときに購入をして、価値が上がったら売却をするということを繰り返すことで、ただ保有をしているよりも大きな儲けを出せる可能性があります。
しかし、トレードを繰り返すうちに損失を出してしまうというリスクについても理解をしておかなくてはなりません。

また、仮想通貨に関わる税金に対しても法律が整備されました。
ビットコインなどの仮想通貨を投資の一つとして活用する際はfx同様税金対策はしっかり行う必要があります。

仮想通貨の取引とfxは別物ですが、それらが合体したようなサービスも登場しています。
ビットコインfxというサービスです。
これはビットコインでfxができるというサービスであり、レバレッジをかけて取引をしたり、売り先行で取引をしたりすることができます。
ビットコインは現物の取引でも大きな変動をしているため、レバレッジをかけるとさらにハイリスクとなります。
余裕資金で投資を行うことが大切です。